MIペーストで虫歯予防

MIペーストとは?

画像1MIペーストは、私たちの歯の構成成分であるカルシウムとリンのミネラルを豊富に含む 薬用ペーストで、これにより、歯の再石灰化を促進させ、歯を強化する働きがあります。

また、MIペーストに含まれるCPP-ACP(リカルデント)と呼ばれる成分は、酸性になったお口の中を中性に戻す中和作用、お口の中を酸性になりにくい状態に維持する緩衝(かんしょう)作用に加えて、虫歯予防作用もあります。

 

 

MIペーストの意味とは??

MIペーストの「MI」とはミニマムインターベンションというできるだけ歯を削らないで治療するという意味です。
虫歯になるとよく歯を削られる、抜かれるなどの治療が今までは多くあったことや、治療をしても再治療になってしまうということもあるかと思います。
そうなるとどうしてもむし歯の進行が防げなかったりひどいときは神経にまで達してしまう虫歯になるときもあります。
そのようにならないために当院ではMI治療としたなるべく削らないでご自身の歯で長くいられる治療をご提供しています。

MIペーストが有効な症状

・よく虫歯になる、虫歯になりやすい方
・知覚過敏がある方
・ドライマウスなどお口の中がよく乾く方
・矯正治療中の方
・妊娠中の方
・ホワイトニング中の方

※MIペーストには乳製品が含まれておりますので牛乳アレルギーのある方にはご使用できません。

MIペーストの使用方法

①きれいに歯磨きをします(この際フッ素入りの歯磨き粉を使うとより効果的です)
②歯ブラシや綿棒などを用いてMIペーストを塗布します
③唾液はなるべく吐き出さずに、3分間そのままにしておく
④さらに30分間は飲食をせずに、そのままにしておく(唾液は適時吐き出す)

MIペーストの特徴

1 .歯の再石灰化を促進する
お口の中で歯は「脱灰」と「再石灰化」を繰り返しています。「脱灰」とは歯の表面のエナメル質が酸で溶けてしまうことを指します。通常、お口の中の唾液が「再石灰化」を促し、溶けたエナメル質を補修するのですが、それが何らかの理由によって「再石灰化」の力が弱まり、「脱灰」が進行してしまうとエナメル質がどんどん溶けてしまい、最終的に虫歯になります。MIペーストには、歯の「再石灰化」を促進する特長があります。

2 .口腔内環境の中和作用と緩衝作用
MIペーストには、細菌の酸によって酸性に近づいた口腔内を元に戻す「中和作用」と、酸性状態になりづらい環境をキープする「緩衝作用」があります。「再石灰化」を促進することにより、歯が虫歯になりかけるのを防ぐことができます。

また、MIペーストには「CPP-ACP(リカルデント)」という成分が含まれており、この成分が歯の「再石灰化」を促します。リカルデントは、フッ素と併用することでより虫歯予防のはたらきが期待できるため、フッ素配合歯磨剤でのブラッシングの後に使用していただくことをおすすめします。

一番上に戻る
WEB初診予約 メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
TEL:0467-44-1070