カリソルブ

歯を削らずに行う虫歯治療「カリソルブ」

従来の虫歯治療の場合、エナメル質から象牙質にまで到達した虫歯では削る部分がかなり多くなり、健康な歯も削ることになります。
カリソルブは、虫歯部分にジェル状の薬剤を塗布することで軟らかくし、健康な歯を削ることなく虫歯部分のみを治療するという、歯を削らない虫歯治療となっています。

カリソルブの実際

殺菌作用を持った弱い濃度の次亜塩素酸ナトリウム溶液とアミノ酸などの溶液を混ぜたカリソルブは、塗ると虫歯部分だけを軟らかくすることが出来ます。
そして軟らかくなった部分を特殊な器具を使って除去し、虫歯を治療するというわけです。
虫歯を除去した後はコンポジットレジンなどの修復物で修復し、治療は完了です。
歯科先進国スウェーデンで1998年に認可されたカリソルブは、今ではヨーロッパをはじめとした世界各国で一般的な歯科治療として普及しています。

カリソルブ治療の手順

カリソルブ治療は非常にシンプルな手順で行われます。

  1. 虫歯の象牙質にカリソルブを塗布し、30秒待つ
  2. 専用の器具を使い、軟らかくなった虫歯部分を慎重に除去する(これを何度か繰り返すことで虫歯を完全に除去する)
  3. 虫歯を完全に除去したら、修復物を入れて治療完了

カリソルブ治療の特徴

カリソルブ治療は、いくつもの優れた特徴を持っています。

刺激が少ないためほとんど痛みが出ない

C2と呼ばれる象牙質までの虫歯は神経にまでは達していないものの、象牙質の下には神経があるため、場所や虫歯の進行具合によっては虫歯を削る際に神経を刺激し、痛みが出てしまう場合があります。

そのため、放置することが出来ず「神経を取らなければいけない」と言われてしまうことがあるのです。
しかし、カリソルブ治療ならば虫歯を削ることはありません。ほとんど痛みも出ないため、従来の虫歯治療で生じるような心配はほぼないのです。

従来の虫歯治療の場合、象牙質の虫歯を治療する際には痛みが出ないように局所麻酔を使うことがほとんどです。
カリソルブ治療の場合は痛みが出ないか、もし出たとしてもほんのわずかのため、麻酔の使用を極限まで少なくすることが出来ます。

麻酔が必要ない

従来の方法で象牙質の虫歯を治療するとなると、痛みが出ないようにほとんどの場合で局所麻酔を使用します。

しかし、カリソルブ治療の場合は痛みがないか、痛みがあったとしてもほんの少しのため、麻酔を使うのは極々少なく済むのです。
持病や全身疾患があるというご高齢の方で、麻酔をすることに不安があるという方でも安心して治療を行うことが出来ます。

カリソルブを動画でみる