重度のむし歯

重度のむし歯について

重度のむし歯について 中等度から重度の虫歯はC3と呼ばれ、深いところまで虫歯が進行しています。歯髄まで病変を起こしているため、激しく痛むこともあります。
最初は、熱い食べ物がしみてきます。
C2の虫歯に比べると痛みが持続するというのが特徴で、何も食べていない・飲んでいない時にも痛みを感じることがあります。
この状態で治療せず放置すると、虫歯菌によってやがて歯髄が死んでしまいます。歯髄が死んでしまうと、痛みがなくなります。
この状態はつまり、歯髄が死にかけているため痛みを感じなくなったか、もしくは完全に歯髄が死んでしまったということになります。
しかし、場合によっては噛んだ時に痛みを感じることもあります。
歯の根の先から歯を支える組織にまで虫歯菌が広がり、炎症を起こすとこのように痛むこともあるのです。

歯の根の先の炎症部分は「根尖病変」と言い、根尖病変がある状態のことを「根尖性歯周炎」と言います。痛みの他にも歯茎が腫れるという症状が出ることもあります。
C3の虫歯の場合、歯髄が生きているか死んでいるかによって、必要な治療は変わります。

重度の虫歯の神経を抜かない「ドックベストセメント治療」

ドックベストセメント治療 一般的な歯を削る虫歯治療の場合、神経近くまで達したC3の虫歯を治療するためには神経を抜く必要があります。
しかし、神経が生きているのならば、ドックベストセメントで殺菌治療を行い虫歯を削ることなく虫歯菌を死滅させることで、神経を抜かずに治療可能な場合も少なくないのです。

歯の根の治療

歯の根の治療 歯の根の治療は「根管治療」と言い、重度の虫歯などによって歯の神経を取った後で、歯の神経が入っていた根管部分をきれいに掃除して、根の先まで薬を詰めるという治療のことです。
歯を残すためにも、被せ物などの土台となる部分を治療する根管治療は一番重要な処置なのです。
しかしながら、根管というのは歯の種類にもよりますが非常に複雑な形をしており、手探りの作業になります。
時間をかけてしっかり歯の根の先まで完全にきれいにしないと、後々になって歯の根の先に病気が出来てしまうということになるのです。