むし歯の予防

予防歯科

予防歯科 虫歯や歯周病が進み、痛みが出てから治療を行うのではなく、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を作ることが大切です。
歯科医院で定期的にメインテナンスを行えば、お口の中の細菌の数を減らすことができ、虫歯や歯周病になりにくい環境にすることが可能です。
問題を早期発見することが出来れば、経過観察をしたり、場合によっては早期治療をしたりと、適切なタイミングで適切な処置を行うことにより、効果的に虫歯や歯周病の予防が出来ます。

虫歯や歯周病にならないために

虫歯や歯周病にならないために 歯を失う原因はそのほとんどが虫歯と歯周病です。そして、このどちらも細菌に感染することによって引き起こされます。
1mgのプラーク(歯垢)の中には1億もの細菌がおり、顕微鏡で見てみるとあちこちで細菌がうごめいているのがわかります。古いプラークは細菌が増え、細菌の密度も濃くなります。
歯科医院での定期検診では、虫歯がないかどうかのチェックや歯茎の状態チェック、そして専門的なクリーニングを行い、プラークコントロールによってお口の中の状態を良好に維持します。

PMTC(クリーニング)の概要と流れ

PMTC PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の頭文字を取った略語で、歯科医院で行う専門的な歯のクリーニングのことです。
毎日の歯磨きでは取り除くことが出来ない磨き残しや汚れを、専門の器具を使い、専門的な技術で完璧にきれいにします。
お口の中の環境を健康に保つため、そして美しい状態を保つためにも、PMTCは大切な処置となっています。

歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスの使い方

歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスの使い方 歯ブラシは毛が硬すぎず、毛先が広がっておらず、ヘッドが大きすぎないものを使いましょう。毛の硬さは「やわらかめ」もしくは「ふつう」、ヘッドは小さめのものの方が奥歯も磨きやすいのでおすすめです。
歯と歯の間をきれいにして虫歯を予防するフロスも重要です。歯周病は歯と歯の間から発生するとも言われているため、フロスでしっかりときれいにしましょう。

アクアケアで歯のクリーニング

アクアケアで歯のクリーニング アクアケアと呼ばれる機器を使えば、特殊な粉末とアルコール溶液を強圧で歯に吹き付け、歯に付着した細かい着色や汚れを除去するという、高いレベルのクリーニングを行うことが出来ます。
通常のクリーニングの場合、超音波スケーラーという、水を出し先端が振動する器具を使って行われます。
しかし、この超音波スケーラーによるクリーニングはガリガリと歯の表面に付着した汚れや着色を削り取るようにして行うため、痛みを感じたりしみたりと、クリーニングが苦手という患者様も少なくありません。
超音波スケーラーによって何度も歯の表面を擦ることになるため、歯の表面が傷付いてしまうこともあるのです。
しかし、アクアケアの場合は擦ることなく超微細な粉末とアルコール溶液によって、歯に付着した汚れや着色を吹き飛ばしてきれいにします。
そのため、痛んだりしみたりしにくく、ほとんど歯を傷付けてしまうこともないのです。

定期検診

定期検診 しっかり歯磨きをしているのに虫歯になってしまう…そんな風にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、自分で行う歯磨きだけでは取り除くことが出来ない歯垢や、バイオフィルムと呼ばれる細菌の膜が存在しています。
虫歯になってしまうのは、努力不足という訳ではありません。
実際には自分の力だけで完全に虫歯を予防するということは難しく、歯科医院で定期的でケアを行い、プロの手によって歯石や磨き残し、汚れを除去してもらうことが大切なのです。

歯科医院での定期的なケアでは、専門家が専門器具を使って、歯の表面をきれいに掃除します。水を出しながら超音波の振動で掃除したり、回転ブラシを使ったり、細かいところまできれいに出来る器具を使って掃除することもあります。
歯磨きによって取り除くことが出来なかった歯垢は、古くなればなるほど細菌が増殖します。
定期的にお口の中のクリーニングを行い、細菌の数を減らすことで虫歯や歯周病を予防することが出来ます。