かみ合わせ(歯ぎしり・ブラキシズム)

咬合、かみ合わせとは?

かみ合わせ歯の咬合(かみ合わせ)とは、下あごを上あごに向かって閉じてる行為を指す場合と、上顎と下顎を閉じた時の接触状態を指す場合とがあります。親知らずも含めると、大人の歯は上下各16本ずつ、合計で32本あります。

近年、「顎関節症」や「かみ合わせの異常」など、かみ合わせの不安定さについて悩まれる方が増加しております。ヒトの顎関節は回転運動の他に前後左右にも動き、複雑な機構となっているためにトラブルが生じやすい環境にあります。かみ合わせの異常により、耳鳴り、聴力の低下、肩こり、目の奥が痛むなど様々な身体症状の悩みを持つ方もたくさんいらっしゃいます。

本来のかみ合わせは、良く咬むことによる歯の摩耗や、成長によって一人一人の顎や顎の骨の形に沿った独自のかみ合わせが出来上がります。しかし、生活習慣や食生活の変化により、咬合による正しいかみ合わせが作りだせなくなります。そして、結果的に様々な悪いかみ合わせである不正咬合になってしまうのです。

本来のかみ合わせとは、良く咬むことにより歯が磨り減り、ひとりひとりの顎や顎の骨の形に合った独自のかみ合わせが出来上がります。しかし、食生活や生活習慣の変化によって、咬合による正しいかみ合わせが作りだせなくなりました。そのため、結果的に様々な不正咬合(悪いかみ合わせ)になってしまうのです。

悪いかみ合わせの影響

かみ合わせが悪くなると、上下の歯の接触点が減るので咀嚼の効率が悪くなります。それぞれの歯が本来あるべき場所にきちんと生えてこないと些細な事で咬合は乱れてしまいます。親知らずの生える場所や生え方、乳歯が抜けて永久歯へ生え変わる時、抜歯や虫歯治療による影響などで、かみ合わせが変わり咬合接触点が減少し、かみ合わせもずれてきます。

また、人は虫歯や抜歯などによって歯や歯ぐきが痛んだり違和感があると、無意識のうちに痛みや違和感を避けて顎をずらして咬むようになってしまいます。そして次第にその状態に慣れてしまい生活に不自由を感じなくなってしまいます。そのままの状態で長い期間顎の骨や筋肉に負担をかけ続けることで、顎関節症などを引き起こしてしまいます。抜歯をしたままの状態の場合も同様で、歯が抜けた後を補おうと残った歯が傾斜したり伸びたりしてしまいます。虫歯により歯にかぶせ物をしたり義歯を入れたままメンテナンスを怠ると、義歯が減ったり、無理にかみ合わせようとして不正咬合(悪いかみ合わせ)が起こったりもします。

自分自身でも気づかないうちに「歯ぎしり」や「無理な咬み癖」、人がかかえる様々なストレスが要員の「歯のくいしばり」が悪いかみ合わせの原因となっています。

かみ合わせが悪くなると、発音がしにくくなったり、話す時にツバが飛んだり、口が渇いたり、見た目が悪くなったりします。

かみ合わせが原因と思われる頭痛や顎がなるという症状は大人のみならず子供にも見られます。

歯が1本抜けても噛み合わせが悪くなりますので、すぐに歯医者に行き対処してもらえわなくてはなりません。

歯ぎしりの種類

歯ぎしりの仕方には大きく分けて3種類のパターンがあります。

グラインディング

最も知られているグラインディングとは、ギリギリ・カチカチと上下の歯を擦り合わせるタイプの歯ぎしりです。無意識に行われる口腔習癖となります。周りの人から指摘されて自覚するので、このグラインティングだけが「歯ぎしり」であると認識している人が多いです。歯や顎、顎の関節などに大きな圧力がかかるので、症状が悪化した場合は歯や顎に影響が及ぶことがあります。

クレンチング

クレンチングは上下の歯をググっと強く噛みしめているのにあまり音がしないタイプの歯ぎしりです。クレンチングは無意識に歯を食いしばっているので、起床時に顎が疲れていたり、顎のエラの部位に痛みを感じていたりすることが多いです。大きなストレスなどがある時に歯を強く食いしばってしまい、知らない間に歯を削ってしまって、上下の歯のかみ合わせ面がすり減っていたりしたらクレンチングの可能性が高くなります。

タッピング

タッピングは上下の歯を合わせてカチカチカチッと音を鳴らすタイプの歯ぎしりです。歯をリズミカルにカチカチと合わせるのが特徴で、ギリギリと音が鳴るクタインディングとは音の種類が違います。グラインディングやクレンチングと比較すると、顎や歯などへの影響は少ないですが、ストレスやかみ合わせなどで発症するので、原因が思いつく場合は改善を考えてみて下さい。

歯ぎしりの正体

歯ぎしり(ブラキシズム)は歯科医学の世界でもかつては悪玉の代表のように考えられていました。オーストラリア・ウィーン大学元教授のルドルフ・スラビチェック教授は、1970年代の後半にこれが「ストレス・マネジメント」といって、身体に悪いストレスを解消するために役立っていることを示しました。歯ぎしりによってストレスを発散しているのです。そのことは現在までの多くの研究によって証明されてきています。

歯ぎしりとの付き合い方

歯ぎしり自体はストレスをを解消するために役立っているので悪いものではありません。歯ぎしりをする時の奥歯をゴシゴシと擦り付ける様なパターンが悪いものだと考えています。そのようなパターンを持つ人の場合は、人体に様々な悪影響を及ぼします。奥歯に過大な力がかかるので顎の筋肉が披露したり、時には痛みが出たりもします。他にも歯がすり減ったり欠けたり、酷い時には割れてしまうこともあります。自分に歯ぎしりの可能性があるようであれば、早めに歯医者さんでご相談してみて下さい。

調べる方法について

寝ている時の歯ぎしりは、長い間にわたり正体をつかむための検査方法がありませんでした。

しかし、神奈川歯科大学の佐藤貞雄教授(成長発達歯科学)のグループが考案した方法は、「ブラックスチェッカー」と呼ばれるうすいフィルム状のものを夜間に歯に装着して歯ぎしりの動きを検索するものです。この方法はこれまでのどんな方法よりも優れていると思われ、歯科医院や各研究機関で応用され始めています。

歯ぎしりの治療の方法

悪い歯ぎしりをしてしまう患者様のかみ合わせ治療をしなければ、悪いかみ合わせはそのままとなり、人体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

悪い歯ぎしりの原因は個人により違いますので、総合診療に基づきより良いかみ合わせを構築するストレス・マネジメントをうまく出来るよう提案をさせて頂きたいと思います。

かみ合わせ治療を受けるにあたって

多くの歯科医院では「かみ合わせの治療」という言葉を頻繁に使用します。しかし、かみ合わせを治すというのは非常に大変な事で、とても重たい響きを持つ言葉となります。

虫歯の治療や、歯周病でグラグラする歯を削る事や、大がかりな矯正治療、入れ歯(義歯)やインプラント治療も、全てがかみ合わせの治療を含みます。歯科医師のかみ合わせの館得方では、健康な状態の人のかみ合わせも入れ歯(義歯)の人のかみ合わせも全て基本的なルールは同じであると考えています。

歯科医師はどのような状況のかみ合わせでも、しっかりとした「咬合診断」を実施し、その人に合った「咬合設計」をしたうえで治療をすすめていくべきだと考えています。普通に歯型を取って歯を作っただけでは、その人のずれたかみ合わせを治すことはできません。

口内を最良の状態にするためにも是非ともきちんとした診断をしてから治していきたいものです。

矯正歯科治療について

歯並びの重要性は、きれいな笑顔や素敵な横顔など見た目の美しさをつくるためだけではありません。

矯正歯科治療は、歯裂を整えて、かみ合わせがよくしっかりと咬めるようになってこそが本来の目的といえます。顎が痛い、関節の音が鳴る、口が開きづらいなど、顎関節症の症状がある場合はなおさら本来の目的の矯正歯科治療が必要となります。

そのためには、人によって違う現在の咬む力や癖や方向などを総合診断した上で、正しいかみ合わせが行えるような治療計画を立てることが重要となります。

歯周病の治療について

歯周病によって失われたかみ合わせを治療します。歯周病によって奥歯を失うと、かみ合わせが失われ歯が移動したり歯並びが悪くなったりと、食事・発音・審美的に障害をきたします。

歯周病治療では、歯ブラシで歯の汚れを取り除いたり歯科衛生士が丹念に歯石を取り除くこと、外科的な治療をすることも重要となります。

しかし、治療の難しい歯周病の患者様の多くは、かみ合わせに問題があり特定の歯に必要以上の力が加わっていることがあります。そのことが歯周病の治癒を妨げている原因と考えられます。

しっかりとした歯周病治療を実践すると同時にかみ合わせの診断をした上で治療をすすめていくことで、より効果的な治療が行えます。

審美的な治療について

インプラントや義歯の製作や、むし歯のかぶせ物・詰め物を行う場合でも、そのかみ合わせを考えないといけません。

かみ合わせの問題を解決せずに審美的に美しいものを入れても、長持ちしなかったり顎の関節を痛めたりとトラブル発生の原因になることも多くあります。

個人に合わせた咬む力やくせを考慮して、かみ合わせを総合的に診察して審美修復を行うことが重要となります。具合が悪く新しいものを作成するときなどにもかみ合わせを考慮することが大切となります。しっかりした診査や診断を省略して、歯を失った部分に以前あったのと同じようなものを作成して入れても、再度失って壊れてしまう可能性は高いです。

永く機能する治療をするために、かみ合わせを考慮した診断をしっかりすることが重要です。

一番上に戻る
WEB初診予約 メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
TEL:0467-44-1070