口腔外科(親知らず)

口腔内の全ての症状に対応

当院の口腔外科では主に親知らず、顎関節症等の一般的な症例のほか、舌、唇、頬の外傷やのう胞、腫瘍などの病気を手術や外科的な方法で治療を行っています。
虫歯や歯周病だけでなく、口腔内外にできものが出来たり、負傷した際、また何か気になることがある場合は当院までお越しください。

親知らずに違和感を感じたら早めの対処を

親知らずとは、大臼歯の中で最も後ろに位置する奥歯で正式名称を第三大臼歯と呼ばれています。
通常15歳前後で生え揃う永久歯の中で最も遅く発育し、中央の歯から数えて8番目、生えるのは10代後半から成人後にかけてであり、時期が親に知られる事無く生えてくるということが名前の由来ともなっています。

歯肉に対して垂直に生えるので、上下の歯できちんと噛み合っている場合には特に問題はありません。
また、完全に埋まったままで痛みが無く、他の歯に何も影響がない場合はそのまま様子を見ることもあります。

歯肉に対して垂直に生えた場合、上下の歯できちんと噛み合っていれば基本的には問題はありません。
また、完全に埋まったままで痛みがなく、他の歯に何も影響がない場合もそのまま経過を見ます。

しかし、親知らずの生える位置がブラッシングが届きづらく虫歯になってしまったり、腫れや痛みが生じた場合、また歯並びの悪化を招いている時などは抜歯をお勧めいたします。

親知らずの抜歯の流れ

STEP01 麻酔

表面麻酔を施した上で歯肉に麻酔注射をします。歯の状態によっては、注射を数本追加することで、完全に痛みの無い状態で抜歯を行います。

 

STEP02 抜歯

親知らずが生えている時はそのまま抜きますが、完全に生えていない時は歯肉を切開し歯を露出させ、場合によっては削って分割しながら抜歯します。

 

STEP03 縫合

通常抜歯によって開いた歯肉を洗浄し、切開した場合は歯肉を縫合し、翌日に患部消毒を行います。

 

STEP04 抜糸

縫合をしていた場合にはおよそ一週間後にご来院いただき、抜糸を行います。

最近口を開きづらいなと感じたら顎関節症の可能性も

大きく口を開けたり、あくびをすると口の中でカクカクといった音がしたり、噛んだ際に耳の付け根やこめかみが痛くなるなど、顎の関節周辺に違和感がある症状を顎関節症と呼びます。

症状は顎の筋肉痛のような軽症、関節の骨の変形が起きている重症と様々で、軽症なら自然に治ることもありますが、放置して重症化するとめまいや耳鳴り、肩こりなどを併発したり歯や舌の痛みが続くなど、口が開けられなくなり満足に食事がとれなくなる事もあります。

顎関節症であることを診断するためには、他の病気によって起きているかどうかなど、総合的に判断する必要があり、場合によってはエックス線撮影やCT、MRIなどで画像診断をして原因を調べることもあります。

些細なことでも異変に気付いたら是非早めに当院にご相談下さい。

一番上に戻る
WEB初診予約 メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
TEL:0467-44-1070