むし歯治療

虫歯の状態と治療法

痛みを感じてからでは遅い!虫歯の治療

虫歯の治療皆さんが思う虫歯のイメージとは「あれ・・・歯が痛む・・・虫歯かな?」という感じだと思います。しかし、歯の痛みを感じるようになった時には手遅れです。痛みを感じるのは虫歯が象牙質に達した時だからです。つまり、歯を削る治療が必要になるほど悪くならないと虫歯に気づくことができません。

歯科医院で定期的に検診を受けておけば、虫歯になっても歯を削らずに治すことができます。
虫歯の早期発見・早期治療を心がけて日頃から定期健診を受けていれば、歯科医院は痛いところではなく、歯の健康を維持し、口臭の無いきれいな口内環境を維持するところになるのです。

虫歯の症状や治療法

レベル1:CO(初期虫歯)

初期虫歯COは虫歯の初期段階です。歯の表面のエナメル質が浅く溶けはじめて、白く濁り透明感の無い状態になっています。

C0の虫歯治療法

歯は削らずに、適切な歯みがき指導で再石灰化を促進し、自然治癒を目指します。
状況によっては、フッ素塗布を行い虫歯に強い歯質つくりをします。

レベル2:C1(エナメル質の虫歯)

エナメル質の虫歯歯の表面のエナメル質が溶け始め黒い小さな穴が開きます。この状態が虫歯の始まりです。痛みがないためなかなか発見できませんが、歯を削る範囲が少なくて済みます。

C1の虫歯治療法

適切な歯みがき指導、フッ素塗布やシーラントなど予防的治療をおこないます。重い虫歯に進行する可能性が高い場合はレジン(歯科用プラスチック)などのつめ物をすることもあります。

レベル3:C2(象牙質の虫歯)

象牙質の虫歯象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質はエナメル質より柔らかいので急激に虫歯が進行します。歯髄(神経)に近づくにつれて歯がしみたり痛みを感じるようになります。早急に治療をしたほうが良い状態です。

C2の虫歯治療法

虫歯に侵された部分の象牙質を削り、インレー(つめ物)をします。
一般的にはレジン(歯科用プラスチック)を詰める治療となります。
比較的大きな奥歯の虫歯は金属を詰める場合もありますが、ハイブリッドセラミックなど歯と同じ色の材質を詰めることも可能です。2~3回の治療が必要となります。

レベル4:C3(歯の神経の虫歯)

歯の神経の虫歯歯の神経(歯髄)まで虫歯が進行して大きな穴が開いた状態です。すでに歯の神経は死に、炎症(歯髄炎)している場合はズキズキとひどく痛みを感じます。

C3の虫歯治療法


歯の神経を除去し、神経が入っていた管の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療ををきちんとすることで、歯を助けることができます。つめ物やかぶせ物をして治療完了となります。

レベル5:C4(末期の虫歯)

虫歯で歯の上部(歯冠部)が溶け歯根だけが残った状態です。歯の神経(歯髄)は死に痛みがなくなります。
歯根先端部に膿胞(袋状の膿)ができると、歯を残すことも困難になり、抜歯しか方法がないことも多いです。。
痛みがなくても無数の虫歯菌の住み家となっています。他の健康な歯を守るためにも早急な治療が必要となります。

C4の虫歯治療法

多くの場合に抜歯が必要ですが、歯根を生かせる場合はC3と同じ治療法となります。
抜歯した場合は両側の歯を支えにブリッジをおこないます。2本以上歯がない場合は部分入れ歯になります。またはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

ドックスベストセメントについて

必要以上に歯を削らない、歯髄を取らない、永続的に虫歯菌を浸透殺菌

必要以上に歯を削らない、歯髄を取らない、永続的に虫歯菌を浸透殺菌ドックスベストセメント(Doc‘s Best Cements)は、虫歯菌を鉄(Fe)イオンや銅(Cu)イオンを主成分にした様々なミネラルで殺菌するという画期的な治療法です。アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として認可を受け、アメリカでは商品化され一般的に用いられている製品です。現在、日本では薬事法の認可を受けていないので、海外から輸入して使用します。

ドックスベストセメントは、歯髄(歯の神経)保護と抗菌作用を持つ銅イオンを放出するセメントです。銅イオンの殺菌力は永続的に効果があり、負かい虫歯治療に大変有効です。患部にドックベストセメントを詰めることで、薬効のおかげで完全に殺菌され歯自体の自己回復力で再石灰化し硬い象牙質になり治癒します。
歯を削る量が少なく、歯髄も取らず、安全で人体に優しい治療法です。

ドックスベストセメント治療の特徴

■痛みのない治療

従来の虫歯治療は症状により、麻酔をかけながら虫歯部分を削り、削った患部に金属やセラミックの代わりのもので修復するのが一般的です。ドックベストセメンチ治療は、麻酔注射が必要ない場合が多く、必要以上に歯を削らず痛みを感じないことがほとんどです。麻酔が苦手な方や麻酔の効果が悪い方にオススメの治療法です。ただし、痛みに敏感な方にはあらかじめ麻酔注射をしてドックベストセメント治療を施す事もあります。

■神経(歯髄)を取らずに済む

ドックセメント治療は、人間の血液中に含まれる銅(Cu)イオンと鉄(Fe)イオンを主成分としたミネラルのコンビネーションの殺菌力により、虫歯菌を無効化します。虫歯菌に感染していた部分は無菌化され、再石灰化(再生)して神経(歯髄)を取らずに済む可能性が高くなります。

■象牙質を再生させる可能性も

ドックベストセメント治療は、虫歯菌に感染した内部の象牙質を薬効で殺菌し、銅(Cu)イオンと鉄(Fe)イオンを主成分としたミネラル成分を補充することで自然治癒力を活かし再石灰化を促進させます。象牙質を再生させる可能性があります。

■歯の根(歯髄)の病気にも使用できる

ドックベストセメント治療は、歯の根(歯髄)の病気にも薬効で永続的に浸透殺菌します。

■材料は天然ミネラル成分

ドックベストセメントは、銅イオンを主成分とした様々なミネラルから作られた安全で体にやさしいお薬です。

カリソルブ治療とは?

カリソルブ治療従来の虫歯治療では、削る器具で虫歯を機械的に除去していましたので、どうしても虫歯と一緒に健康な歯を少し削ってしまっていました。
カリソルブ治療は薬剤を塗って虫歯で傷んだ部分のみを溶かし、専用器具で除去するだけなので、健康な歯を削ってしまうリスクを最小限に抑える治療法です。

歯を削らないので麻酔を使う必要もなく、あの嫌な音がほとんどなく静かに治療を行うことができます。

また、カリソルブ治療では象牙質の虫歯部分のみを除去することが可能なので、これまでは神経を抜かなくてはならなかったような神経に近い虫歯治療でも神経を残せる可能性が高くなります。

カリソルブ治療がおすすめの方

  •  小さなお子様。高齢の方。
  •  虫歯治療をして銀歯をいれても、すぐにまた虫歯になってしまう方
  •  歯を削りたくない方。
  •  麻酔が苦手、アレルギーなどで麻酔が使用できない方。
  •  出来るだけ健康な歯を残したい方。
  •  歯科治療が苦手で、痛みに弱い方。

グリーン歯科のむし歯治療の取り組み

グリーン歯科のむし歯治療の取り組み

治療前の麻酔注射の痛み、歯を削る時の痛み・・・
痛みは誰にとっても嫌なものです。
できるだけ痛みが無く治療して欲しいという患者さんが当歯科医院には大勢来院されます。

当歯科医院ではこうした患者さんのご要望をできるだけ取り入れ、様々な治療機器や麻酔機器を取り揃えて「可能な限り痛みを抑えた虫歯の治療」の実践に努めています。

表面麻酔(予備麻酔)

表面麻酔(予備麻酔)歯医者の痛みの多くは、麻酔注射をする際に生じる痛みです。
麻酔注射の前に、あらかじめゼリー状の麻酔剤を何回も塗り「表面麻酔」というものを利用して麻痺させ、表面麻酔の効果が現れてきてから麻酔注射をしますので、針を刺した時や、麻酔液を注入する時の痛みを抑えられます。

グラグラした乳歯の抜歯などでも軽く麻酔剤を塗っておくことで、抜くときに痛みが緩和されます。
「注射の前に表面麻酔を塗っておきますね」と伝えておくだけで、精神的なリラックス効果で恐怖心が和らぎます。

麻酔液の保温

麻酔液の保温

体温に近い状態に麻酔液を温めておくことで、麻酔注入時の温度差による痛みや刺激を緩和します。
痛みを緩和する注射を可能にするために、なくてはならない機器です

電動麻酔注射器

電動麻酔注射器急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となります。また、何か所も麻酔注射をして痛い思いをした方は多いと思います。
ゆっくりと時間をかけて麻酔液を注入していくことが大切となります。
指の力だけでごく少量の麻酔液を一定のスピードで歯肉に注入していくのは不可能に近いことです。
この電子制御の電動麻酔注射器は、注射針が細く、麻酔液の注入も一定のスピードにコントロールされているため、注射の時の痛みを減らすことができます。

 

シリジェット(針の無い麻酔器)

針のない麻酔器(シリジェット)シリジェットはなんと針の無い麻酔器です。
麻酔液を圧力により、ジェット噴流として瞬間的に歯肉に吹きかけることで、歯肉内部の粘膜下に麻酔液を到達させる無針注射器です。
麻酔液が霧状に粘膜下に拡散するので、即効的に効果が現れます。
注射針がないことによる安心感から、痛がりの方や小さなお子様に大評判です。
表面麻酔のように最初の一刺しの痛みを緩和させる為にシリジェットを使用します。

バイブラジェクト

バイブラジェクトとは、ゲートコントロール理論を根拠に開発された機器で、患部に高い振動を与えて神経終末(末梢神経)を刺激することで、脳への痛みの感覚を伝達する経路がブロックされ痛みを抑えてくれます。
毎分10000回振動するバイブラジェクト本体を注射器に取り付けて使用することで、注射針を刺す時の痛みや麻酔液を注入する時の痛みを軽減します。電動麻酔注射器にも装着することが可能です。
痛みを緩和する麻酔注射には欠かせない機器で、当歯科医院ではほんどのケースで使用しています。

エアーアブレーション(アクアケア)による治療

エアーアブレーション(アクアケア)による治療エアーアブレーションは、酸化アルミニウムの粉(歯磨き粉によく含まれているもの)と水と空気で虫歯をやさしく取り除いていきます。不必要に健康な歯をドリルで削らず、虫歯の部分だけを正確に微細な粒子で吹き飛ばすことができるので、痛みを軽減することができます。 金属がかぶさっていない歯の小さな虫歯を取り除くのに最適です。

一番上に戻る
WEB初診予約 メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
TEL:0467-44-1070