• 初診専用予約
  • 通常のご予約
  • メール相談
  • アクセスマップ

虫歯とは

グリーン歯科医院の虫歯の治療

歯にやさしいMIの考えにもとづいた虫歯の治療
歯を大切にして若々しさを保とう♪
一般的な治療は、歯を削って虫歯に侵された部分を除去して、修復物をつめたりかぶせたりします。
しかし、削った歯が元に戻ったわけではなく人工的に補修したに過ぎません。歯を削る治療は、結局のところ歯を傷つける治療なのです。
そのため、歯科界ではMI(ミニマルインターベンション)「最小の侵襲で最大の効果を得る」が提唱され議論されてきました。

グリーン歯科医院の虫歯治療は、できるだけ歯を削らずに、削ったとしてもできるだけ少ない量で済ませる、その歯の長持ちを最優先におこないます。

できるだけ削らない! だから痛みが少ない!虫歯を溶かして治療するカリソルブ

できるだけ削らない! だから痛みが少ない!
虫歯を溶かして治療するカリソルブ

できるだけ削らない! だから痛みが少ない! 銅イオンのパワーで治療するドックベストセメント

できるだけ削らない! だから痛みが少ない!
銅イオンのパワーで治療するドックベストセメント

できるだけ痛みの少ない虫歯の治療
歯医者さん行くの痛いし嫌だなぁ…
治療前の麻酔注射が痛くて・・・
歯を削るなら、できるだけ痛くないようにして!
といった患者さんが当歯科医院には大勢来院されます。

当歯科医院ではこのような患者さんの要望をできるだけ取り入れ、さまざまな治療機器・麻酔機器を取り揃え「できるだけ痛みの少ない虫歯の治療」の実践に努めています。
表面麻酔(予備麻酔)
表面麻酔(予備麻酔)
麻酔注射の前に、あらかじめゼリー状の麻酔剤を何回も塗っておきます。
表面麻酔の効果が現れてきてから麻酔注射をするため、針を刺した時や、麻酔液を注入する時の痛みが緩和されます。
グラグラした乳歯の抜歯なども軽く塗っておくことで、痛みを与えずに抜くことができます。
「注射の前に表面麻酔を塗っておきますね」と伝えておくだけでも精神的にリラックスできるため、恐怖心がやわらぎます。
麻酔液の保温
麻酔液の保温
麻酔液を体温とほぼ同じ温度に温めておくことで、注入時の温度差により刺激を緩和します。
痛みの少ない注射を可能にするためには、なくてはならない機器です。
電動麻酔注射器
電動麻酔注射器
麻酔注射を何箇所もして痛い思いをした方は多いと思います。
指の力だけでごく少量の麻酔液を決められたスピードで歯肉に注入するのは難しい、というよりも不可能に近いことです。
この電子制御の麻酔注射器は、注射針が細く、麻酔液の注入も一定のスピードにコントロールされるため、注射の時の痛みが軽減されます。
針のない麻酔器(シリジェット)
針のない麻酔器(シリジェット)
これはなんと針のない麻酔器です。
圧力のかかった麻酔液を瞬間的に歯肉に吹きつけることで、歯肉の内部まで麻酔液を浸透させます。
注射針がないことによる安心感から、痛がりの方や小さなお子さんに大好評です。
バイブラジェクト
バイブラジェクト
バイブラジェクトは、生体組織に高い振動を与えて神経終末(末梢神経)を刺激すると、脳への疼痛の伝達がブロックされて痛みを感じにくくなる、というゲート・コントロール理論を根拠に開発された機器です。
注射器に取り付けて使用することで、注射針を刺す時の痛みと麻酔液を注入する時の痛みを軽減することができます。
痛みの少ない麻酔注射には欠かせない機器で、当歯科医院ではほとんどのケースで使用しています。
電動麻酔注射器にも取り付けることが可能です。
当院は完全予約制です。
急患の方は、お電話で症状をお伝えください。

どの程度の痛みかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
いきなりのご来院はお待たせすることがありますので、ご理解をお願いいたします。
公開している電話番号は患者様専用です。
患者様の迷惑にもなりますので、業者様以外のお電話はお控えください。
患者様専用ダイヤル 0467-44-1070
  • 通常のご予約
  • メール相談
当院に初めてご予約される方向けの初診予約