• 初診専用予約
  • 通常のご予約
  • メール相談
  • アクセスマップ

虫歯とは

虫歯の症状と進行

痛いと感じてからでは遅い!虫歯の治療
皆さんの虫歯のイメージは「あれ、歯が痛い・・・ 虫歯かな?」といった感じだと思います。
でも、歯の痛みを感じるようになるのは虫歯が象牙質に達した時です。つまり、歯を削る治療が必要なほど悪くならないと虫歯とは気がつかないのです。

たとえ虫歯になっても歯を削らずに治すには、歯科医院での定期健診は欠かせません。
虫歯の早期発見・早期治療が実践できれば、歯科医院は痛いところではなく、
歯の健康を維持するところ、口臭のないきれいなお口を維持するところになるのです。
虫歯の症状と進行
CO:初期虫歯
CO:初期虫歯
歯の表面が浅く溶け、白く濁り透明感の無い状態。

C0の虫歯治療
歯は削らずに、正しい歯みがき指導と再石灰化を促進し、自然治癒を目指します。
状況によっては、フッ素塗布による虫歯に強い歯質つくりをします。
C1:エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始めた状態で虫歯の始まりです。痛みがないためなかなか発見できません。

C1の虫歯治療
正しい歯みがき指導、フッ素塗布やシーラントなど予防的治療をおこないます。虫歯に進行する可能性が高い場合はつめ物をすることもあります。
C2:象牙質の虫歯
C2:象牙質の虫歯
象牙質まで虫歯が進行した状態です。エナメル質より柔らかい象牙質は虫歯の進行が早く、歯髄(神経)に近づくにつれて歯のしみや痛みを感じるようになります。

C2の虫歯治療
虫歯に侵された象牙質を除去し、つめ物をします。
一般的にはレジン(プラスチック材)を詰める治療になります。
比較的大きな奥歯の虫歯は金属を詰める場合もありますが、ハイブリッドセラミックなど歯と同じ色の材質を詰めることもできます。2~3回の治療が必要です。
C3:歯の神経(歯髄)の虫歯
C3:歯の神経(歯髄)の虫歯
歯の神経に達した虫歯で大きな穴が開いた状態です。すでに歯の神経は死に、炎症(歯髄炎)している場合はズキズキと激しい痛みがあります。

C3の虫歯治療
歯の神経を除去(根管治療)し、虫歯に侵された象牙質の除去をきちんとすることで、歯を助けることができます。つめ物やかぶせ物をして治療終了です。
C4:末期の虫歯
C4:末期の虫歯
虫歯で歯の頭の部分(歯冠部)が溶け歯根だけが残った状態。歯の神経(歯髄)は死に痛みもありません。
歯根先端部に膿胞(袋状の膿)ができると、歯を残すことも困難になり、抜歯することもあります。
痛みがなくても無数の虫歯菌の住み家になっています。他の健康な歯を守るためにも早急な治療が必要です。

C4の虫歯治療
歯根を生かせる場合はC3と同じ治療になります。
抜歯した場合は両側の歯を支えにブリッジをおこないます。2本以上歯がない場合は部分入れ歯になります。
当院は完全予約制です。
急患の方は、お電話で症状をお伝えください。

どの程度の痛みかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
いきなりのご来院はお待たせすることがありますので、ご理解をお願いいたします。
公開している電話番号は患者様専用です。
患者様の迷惑にもなりますので、業者様以外のお電話はお控えください。
患者様専用ダイヤル 0467-44-1070
  • 通常のご予約
  • メール相談
当院に初めてご予約される方向けの初診予約