• 初診専用予約
  • 通常のご予約
  • メール相談
  • アクセスマップ

虫歯とは

いろいろある虫歯の要因

虫歯になりやすい人、虫歯になりにくい人
再石灰化VS脱灰
ほとんどの人のお口の中には虫歯菌が潜んでいます。
でも、虫歯のひどい人がいれば、虫歯とはほとんど無縁の方もいます。

これってなぜなんでしょう?
毎日繰り返されている脱灰と再石灰化ですから、バランスさえ取れていれば大きな虫歯にはならないはずです。

虫歯リスク
また、お口の中の虫歯菌の量、歯の強さ(歯質)、唾液の質、お口のケア、生活習慣なども関係します。これらの条件は個人差があるため、虫歯になりやすい人・虫歯になりにくい人が出てきます。

虫歯を予防するには、まずご自身の虫歯のなりやすさ(リスク)を知ることが大切なのです。
覚えておきたい虫歯の要因
虫歯になりやすい歯質 唾液量が少ない体質
虫歯菌の量が多い お口の衛生状態が悪い
適切なお口のケアができていない 食生活を中心とした生活習慣の乱れ

食生活の乱れやお口の衛生状態の良し悪しは私たちの生活そのものです。
このことから、虫歯や歯周病は日常生活が深く関与する生活習慣病ともいえます。
食生活と虫歯の関係
虫歯リスクの低い食事サイクル
バランスのとれた食事サイクル
脱灰と再石灰化のバランスが取れているため、

虫歯にならない方、なりにくい方は、この脱灰と再石灰化のバランスが取れているのです。
虫歯リスクの高い食事サイクル
お勧めできない食事サイクル
虫歯になりやすい方はこのバランスが崩れ、脱灰の状態が多いのです。つまり、虫歯菌が活発に活動する時間帯の多い方なのです。

虫歯菌とバイオフィルム

バイオフィルムをつくらない、お口のケアを心がけよう!
キッチンの排水口はきちんと掃除をしていないとヌルヌルしてきます。
この気持ち悪いヌルヌルは細菌など微生物のコロニー「バイオフィルム」です。

バイオフィルム
お口の中でも虫歯菌や歯周病菌などの細菌がバイオフィルム(プラーク)を形成します。
バイオフィルムは強い粘性を持ち、成熟して強固になると抗菌物質や免疫細胞をもはね返す強力なバリアーとなります。
バイオフィルムの中では歯の再石灰化も期待できず、虫歯菌の出す酸によって歯は溶かされていくばかりです。

虫歯を予防するには、バイオフィルムの形成を極力抑え、歯の再石灰化が機能するお口の環境を維持することが大切です。そのためには、毎日のお口のケアと歯科医院での定期的なケアが重要です。
当院は完全予約制です。
急患の方は、お電話で症状をお伝えください。

どの程度の痛みかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
いきなりのご来院はお待たせすることがありますので、ご理解をお願いいたします。
公開している電話番号は患者様専用です。
患者様の迷惑にもなりますので、業者様以外のお電話はお控えください。
患者様専用ダイヤル 0467-44-1070
  • 通常のご予約
  • メール相談
当院に初めてご予約される方向けの初診予約