• 初診専用予約
  • 通常のご予約
  • メール相談
  • アクセスマップ

虫歯とは

虫歯はどうしてできるの?

虫歯は細菌による感染症
親子のスキンシップのためにも清潔なお口の環境は大切です
お口の中には体に良い働きをする細菌・悪い働きをする細菌などさまざまな細菌が生息しています。
虫歯の原因となる細菌もその仲間で、代表的な細菌としてはストレプトコッカス・ミュータンス菌やラクトバチルス菌などがあります。
(ここではこれらの細菌を虫歯菌として説明していきます)

これらの細菌はお母さんのお腹の中の赤ちゃんには生息しておらず、多くの場合、母子感染によって感染します。

お母さんのお口の衛生状態にもよりますが、赤ちゃんへの口移しの食事がいけないというのは母子感染が心配されるためです。
しかし、虫歯菌は簡単に感染する細菌ですから完全に防ぐことはできません。
虫歯から歯を守るには、虫歯菌の勢力を高めない生活習慣とお口のケアが大切なのです。
虫歯菌と唾液の攻防(脱灰と再石灰化)
虫歯菌と唾液の攻防(脱灰と再石灰化)
虫歯菌と唾液の攻防(脱灰と再石灰化)
虫歯菌と唾液の攻防(脱灰と再石灰化)
食事の後、口の中に残った食べかすに含まれる糖分が虫歯菌の栄養分です。
虫歯菌は糖分を分解してエネルギーを得ます。この時に排出する老廃物が歯の大敵である酸です。
この酸によって歯が溶かされる作用を脱灰といいます。

しかし、食事のたびに脱灰が起こっていては歯は溶ける一方です。
それを防ぐのが唾液のパワーです。
唾液は飲食後に酸性になったお口の中を中性に戻す役割(唾液緩衝能)を持っています。
唾液緩衝能によって中性になったお口の中では、唾液に含まれるリン酸とカルシウムによって、溶けた歯(エナメル質)が修復され始めます。
この歯を修復する作用を再石灰化といいます。

お口の中では飲食を中心に、歯を溶かす脱灰と歯を修復する再石灰化が繰り返されています。
このバランスが崩れて脱灰の時間帯が多くなると歯は溶けていく一方となり、虫歯となるのです。
当院は完全予約制です。
急患の方は、お電話で症状をお伝えください。

どの程度の痛みかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
いきなりのご来院はお待たせすることがありますので、ご理解をお願いいたします。
公開している電話番号は患者様専用です。
患者様の迷惑にもなりますので、業者様以外のお電話はお控えください。
患者様専用ダイヤル 0467-44-1070
  • 通常のご予約
  • メール相談
当院に初めてご予約される方向けの初診予約