MIペースト その2 MIペーストをおススメしたい方

こんにちは 鎌倉のグリーン歯科です。

前回、MIペーストの効果的な使用方法についてお話しました。

今日は、MIペーストをおススメしたい方についてご紹介します!

① カリエスリスク(虫歯になりやすい)の高い方

② お口の中が乾いている方(ドライマウス)

③ 矯正治療後など、ホワイトスポットがある方

④ 妊娠中の方

⑤ 過度な咬耗(噛み合わせによって歯が削れてしまっていること)のある方

⑥ アルコールを大量に摂取する方

⑦ 激しいスポーツをする方

⑧ 知覚過敏のある方

⑨ 喘息、肝炎などの感染症の方

⑩ 高齢者

⑪ ホワイトニングをされた方

⑫ 12歳以下の子供

この中に、1つでも当てはまる項目があれば・・・

MIペーストの使用をおススメします☆

次回はMIペーストの効果について、すこし詳しく説明する予定です。

つづく☆

MIペースト その1 効果的な使用方法

こんにちは 鎌倉のグリーン歯科です。

当院にて歯磨き剤「MIペースト」を販売しているのは皆さんご存知でしょうか?

よく、患者さんに「MIペーストって何ですか?」とか「MIペーストの使い方」について質問されます。なので、今回から数回にわたり、MIペーストの使い方などを説明していきたいと思います!

MIペーストとは・・・

豊富なミネラル(カルシウム・リン)や口腔内環境の中和作用と緩衝作用を持つCPP-ACP(リカルデント)を含んだ全く新しいコンセプトの口腔ケア製品です。

GC MI ペースト | 口腔ケア用歯磨き剤


歯磨き粉ではなく、歯磨きをした後に歯のミネラルパックとして使用します。

このMIペーストを使用すると、積極的にカルシウムやリンを取り込めるため、より歯の再石灰化に効果があります。

歯の再石灰化については、当ブログで以前説明しました。

ただし、牛乳由来成分 CPP-ACP が含まれているので、牛乳アレルギーの方は使用できません。

MIペーストの使い方・・・

① 歯面上を清潔な状態にし、よくブラッシングを行います。

  ※このとき、フッ素入りの歯磨き粉を使用するとより効果的です。

② 歯ブラシや綿棒、指などを用いてMIペーストを塗布します。

③ 唾液は吐き出さずに3分間そのままの状態にします。

④ さらに30分間は飲食を行わずに、そのままにしておきます。

 (唾液は適時、吐き出してください。)

⑤ 30分後に少量の水でうがいを行います。

次回、MIペーストをおススメするケースをご紹介していきます☆

 

セレック導入歯科医院! きれいな白い歯応援中!

セレックシステムとは・・・

医療先進国ドイツ シロナ社が開発した、コンピューター支援によって歯の修復物(詰め物や被せ物のこと)を設計・製作する歯科用のCAD/CAMシステムのことです。

最先端の3D光学カメラを使用してお口の中の撮影を行い、コンピューター上で修復物の設計をして、そのデータを基にミリングマシンと呼ばれるものでセラミックを削り出し製作をします。

そのため、一般的なセラミックの修復物よりも「短期間」で「経済的」に、
セラミック治療が行えます!

またセラミックは金属を一切使用していないため、金属アレルギーの心配がなく、身体に安全で安心な修復物です。

☆ セラミック治療は高価で諦めてしまっていた方
☆ 金属アレルギーが心配な方
☆ 治療に時間をかけたくない方

この機会に是非、セレックによるセラミック治療を受けられてはいかがですか?

詳しくは、当院HPをご覧いただくか、当院スタッフまでお気軽にご相談下さい!!

グリーン歯科 セレック http://www.green-dc.net/56_cerec/index.html


今後もセレックについての情報をブログにて随時、更新していく予定です☆

 

唾液検査で日頃の口腔ケアをもっと効果的にしませんか!

日頃より唾液検査に力を入れてきた当院ですが、この度、ライオン(株)の開発した多項目・短時間唾液検査システム「SMT」を導入しました。
(SMT:Salivary Multi Test)
測定時間はわずか5分。しかも一度の検査で以下の6項目を調べることができます。
 
歯の健康に関する項目
 
むし歯菌
お口の中のむし歯菌の量がわかります。
当然のことですが、この菌が多いとむし歯になりやすく、歯だけでなく口腔の健康を損なうリスクは高くなります。
 
酸性度
唾液の酸性度が高いと、お口の中の酸性度合いが高くなり、エナメル質などの歯質が溶けやすく(脱灰)、むし歯菌も活動しやすくなります。
 
緩衝能
唾液には、むし歯菌などの出す酸を中和する機能(緩衝能)があります。その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶けやすく(脱灰)なります。
 
歯ぐきの健康に関する項目
 
白血球
歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加することが知られています。
 
タンパク質
口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。
 
口腔清潔度に関する項目
 
アンモニア
口腔内の細菌総数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなり、口臭の原因になるといわれています。
これらの検査結果を数値化しレーダーチャート化すると、あなたのお口の衛生状態や弱点が見えてきます。
 
 
当院ではこの結果をもとに、日頃の口腔ケアの効果を高める方法をご説明しています。

 

また最近はテレビで“予防歯科”という言葉を耳にしますが、予防歯科の基本は歯科での定期検診です。

 

定期検診においても患者さんの口腔状態を把握することは大切です。
そのため定期検診を活用されている患者さんにも唾液検査の実施をお勧めしています。

 

ライオンの開発した新しい唾液検査に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
 

<動画タイトル>「SMT患者様向け動画」/51秒/ライオン <出典元> LionOfficialMovieより

小さなうちから子どもの歯並びを育てるMRC矯正

MRC矯正システムは6歳くらいからの子どもを対象にした筋機能訓練が主体の歯並び矯正です。

 

矯正といってもまだ永久歯のほとんどない子どものうちからの矯正なので、歯を抜くことはありませんし、大人の矯正でよく見るワイヤーを使用したブラケット矯正でもありません。

 

6歳臼歯は6歳前後で一番最初に生える永久歯ですが、その後小学生高学年に至るまでの間に乳歯から永久歯に全ての歯は生えかわります。

 

しかしその間、歯並びに関する小さな問題、大きな問題は起こっています。

 

MRC矯正システムは、歯や顎、顔の正常な発育を促すために、舌や唇、頬などを含めた口腔周囲筋の筋力を鍛えるトレーニングが主体の歯並び矯正です。

 

成長過程で起こる問題を未然に防いだり、問題が起こったとしてもその時の最善策をもって対処することで、きれいな歯並びを目指す治療です。
 
 
お子様の歯並びをきれいにする矯正治療の選択肢は大きく分けて2つあります。

ひとつは大人(永久歯)になってからのブラケット矯正、もうひとつは子どものうちからの小児矯正になり、ここで紹介しているMRC矯正システムは後者になります。

当院は小児矯正としてMRC矯正システム、および床矯正を取り入れております。
MRC矯正システムについては認定クリニックとなっておりますので、お子様の歯並びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。